重曹を使ったキッチンの掃除

油汚れが多い台所では重曹はとても使えます。
換気扇やガス台、シンク、排水口はもちろん、冷蔵庫の中や食器、鍋のこげなどにも使えます。

◎場所別活用法
<ガス台>

ガス台の汚れは調理後の熱いうちならお湯で濡らしたふきんや布だけで十分落ちますが、冷めてからなら重曹の出番。
水で濡らして固く絞った布に重曹を振りかけてふきます。
油汚れがひどい五徳は重曹を溶いた熱湯で少し煮ると汚れがよく落ちます。

<換気扇>
はずしてペースト状にした重曹を塗りつけしばらく置いてから、スポンジまたは布でこすってお湯で流します。
汚れのひどいときは粉石けん:重曹を2:1の割合でいれたものに水を足し、ペーストをつくり同じようにします。

<シンク・排水口>

シンクの汚れは日頃の洗いもののついでにスポンジや古布などで洗っておけばそれほど汚れることはありませんが、汚れが目だってきたら重曹をスポンジにつけてこすります。
重曹はクレンザーに比べて粒子が細かいので傷もつきにくく体にも安全です。
排水口の汚れはカップ1杯の重曹をふりかけ、その上からカップ半分程度のお酢を注ぎいれます。
その後30分ほど放置してから最後に熱湯で流します。

<冷蔵庫>
冷蔵庫のドアのパッキンや外側などは酢と水を1:1の割合で作った酢水をスプレーしてふきとります。
冷蔵庫の中は重曹水をスプレーして布で汚れをふき取った後に酢水をスプレーして中和しておきます。

<食器> 
茶しぶには粉のままの重曹をスポンジなどにふりかけて手でこすってすすぎます。ただし重曹は粒子が細かいとはいっても研磨剤なので、傷のつきやすいガラスやアクリル食器などは目立たないところでチェックしてから注意して使ってください。
 銀食器の黒ずみにも重曹はおすすめ。ボールにアルミホイルを敷き、銀食器を入れます。鍋に1リットルくらい熱湯を入れて、大さじ2〜3杯くらいの重曹を入れて溶かし重曹液を作ります。銀食器の入ったボールに重曹液を入れてしばらくおいておくと、銀食器の黒ずみがきれいに取れます。そのあとは水で洗って乾いた布でふきます。


※お酢は普通の穀物酢でかまいませんがにおいが気になる方はクエン酸を使うと良いでしょう。


「重曹で快適生活」トップへ